忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/08/22 19:58 |
映画2011・おうち(洋画)編
映画2011もこれで終わりです。
今回はおうち(洋画)編。
これもほとんどがWOWOWで放送されたもの。
WOWOWに加入してからというもの録画してあるものがたまっているのでレンタルすることがなくなってしまいました。

では一覧です。

ベスト・フレンズ・ウェディング
シャーロック・ホームズ
ポカホンタス
恋するベーカリー
キッチン〜3人のレシピ〜
96時間
エレジー
バレンタインデー
噂のモーガン夫妻
心みだれて
ウォール街
17歳の肖像
12モンキーズ
普通じゃない
バッド・ルーテナント
NINE
パリより愛をこめて
第9地区
ザ・ウォーカー
ベンジャミン・バトン 数奇な人生
ハート・ロッカー
マッハ!弐
フィリップ、きみを愛してる!
シャッターアイランド
オーケストラ!
X−MEN
X-MEN2
ウルヴァリン X-MEN ZERO
X-MEN ファイナルディシジョン
リミッツ・オブ・コントロール
レクイエム
ずっとあなたを愛してる
トゥー・ウィークス・ノーティス
プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂
運命のボタン
ヤギと男と男と壁と
リミット
アーマード 武装地帯
闇の列車、光の旅
プレシャス

ちょうど40作品でした。
ということは2011年は、劇場23+おうち邦画21+おうち洋画40=84作品観たことになります。4-5日に1作品のペースです。けっこう観ましたね。

さて、この40作品の中には「え?」とか「は?」とか「それで?」というような感想の作品もあるんです。たくさん観ればそれだけハズレもあるってことでしょうか。

おもしろかったな〜と印象に残るのは、シャーロックホームズ、96時間、プリンスオブペルシャ、アーマードです。ハラハラドキドキする展開があるパターンの映画ですね。特にプリンスオブペルシャはよくできてるなと思いました。シャーロックホームズは続編が公開されるようですね。

ストーリーや映画の雰囲気として印象に残ったのは、17歳の肖像、ずっとあなたを愛してる、闇の列車、光の旅です。
17歳の肖像は今やハリウッドで大活躍のキャリー・マリガンの出世作です。大人でも子どもでもない17歳の少女が大人になるその時の甘く切なく痛い経験を描いた映画です。原題のAn Educationはこの作品にぴったりのタイトルだと思います。

今年はどんな素晴らしい作品に出会えるのでしょうか。
たくさん観すぎて一つ一つの作品の印象が薄くなってしまっているので、ひとつひとつしっかり鑑賞したいなというのが今年の目標です。


ブログランキング・にほんブログ村へ

↑ランキング参加してます。ポチポチッとワンクリックずつお願いします。
クリックしていただくと励みになります。
PR

2012/02/10 12:55 | Comments(1) | TrackBack(0) | 映画

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

おうちシネマは、バラエティ豊かな作品をご覧になってますね。
たしかに劇場で見る時よりも冒険して
あれこれチャレンジできるというのはあるかもしれませんね。
失敗してもそれはそれで納得できますし。
私も家ではミニシアター系の作品や、マイナーな国の作品をよく見ます。
oliveさんが気に入られたというプリンスオブペルシャは
どうしようかなと思いながら結局見なかった作品なので
今度是非見てみようと思います。
posted by セレンディピティURLat 2012/02/13 11:41 [ コメントを修正する ]
セレンディピティさま
WOWOWで放送されたものはほとんどタダ同然で鑑賞できるので、ちょっとでも気になった作品はなんでも録画して見るようにしています。といっても見るのが追いつかなくてたくさんたまっているんですけどね。
記事にも書きましたが、おっしゃる通り見終わったあとに「は?」っていう作品もいくつかありましたが、劇場で見たら憤慨するところだけど家ならなんとか我慢できますよね。
プリンスオブペルシャは私も期待していなかったのですが、見終わったとは続編があればいいのに(話の流れからなさそうですけど)と思うほどよかったですよ。ぜひご覧になってくださいね。
2012/02/13 14:18

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<食の陣・2012 | HOME | 映画2011・おうち(邦画)編>>
忍者ブログ[PR]