忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/03/29 14:16 |
CHINA ROOM
東京2日目の夕食はグランドハイアット内のCHINA ROOMで。
翌日朝からディズニーランドに行くため姪を早く寝かせようと、移動のないホテル内のレストランで食事をすることにしました。




コースでお願いしました。
メニューは前菜盛り合わせ(叉焼、中華クラゲ、棒棒鶏、生春巻き?)、フカヒレの姿煮、北京ダックと小龍包、白身魚のフィレ、大車海老シャンパンマヨネーズソース、牛サーロインステーキ、海鮮炒飯、杏仁豆腐だったと思います。白身魚と大車海老はどちらか一つを選ぶのですが、妹とひとつずつ選び両方楽しみました。

ここはいつ行っても美味しいお料理がいただけるので大好きなお店の一つです。
このブログにも何度か登場していますが、妹はブログをみてここに行ってみたいと思っていたそうです。実際に食べた感想は「今まで食べた中華料理の中で一番美味しい」と感激した様子。
神戸も中華街があるので美味しい中華料理のお店はありますが、こういう洗練されたタイプの中華ではないとのことでした。


にほんブログ村 料理ブログへ

↑ランキング参加してます。1日1回ポチポチッとワンクリックずつお願いします☆
クリックしていただくと励みになります。
PR

2011/08/11 15:13 | Comments(2) | TrackBack(0) | 外食(東京)
資生堂パーラー


久しぶりの更新です。
みなさまお元気ですか?

新潟は昨日から大雨が続いています。
新潟市内も道路が冠水している場所もあるようですが、私が以前勤めていた三条市では避難勧告が出ているとのこと。大きな被害がでないことを祈るばかりです。

さて、先週末から4日間東京へ遊びにいってきました。
毎年恒例の妹と姪との旅行ですが、今年は神戸ではなく東京へ。
東京へはちょくちょく遊びに行くのであまり旅行という感じではありませんでしたが、楽しく過ごすことができました。

写真は2日目のお昼ごはん。
銀座の資生堂パーラーでクラブクロケットをいただきました。
銀座はあまり行かないので意外にも私は初資生堂パーラーでした。
お料理がとても美味しかったのにも感動しましたが、何よりもお店の方のサービスが素晴らしく、いいお店だなぁと感じました。
小さな子供と妊婦が一緒だったのでなおさら感じたのだと思います。


コーンポタージュも濃厚でまろやかで美味しかった〜♪
妹のオーダーしたライスグラタンもボリュームたっぷりで美味しかったです。
王道の洋食でここまで上品なお料理を出すお店はなかなかないですよね。
また行きたい!そう思わせる上質なお店でした。


にほんブログ村 料理ブログへ

↑ランキング参加してます。1日1回ポチポチッとワンクリックずつお願いします☆
クリックしていただくと励みになります。

2011/07/29 18:04 | Comments(4) | TrackBack(0) | 外食(東京)
パパイアリーフ
東京ではショッピングを満喫し、六本木からIKEAに行き、そこから丸の内に戻るといういつものパターンで行動しましたが、いいお買い物ができました。かなり散財しましたがそれもよしと思えるほど、今回の東京行きはとてもよい気分転換になりました。

結局日曜日の最終新幹線で新潟に帰ったのですが、帰る前に食事を…と立ち寄ったのが丸の内ビル内の「パパイアリーフ」です。
お酒とおつまみを少しいただいた後にメインをいただくというのが理想だったのですが、まさにドンピシャなコースがこのお店にあったのです!




前菜5品盛り合わせ(生春巻、タイ風さつまあげ、蒸し鶏、ベトナム風揚げ春巻、タイ風シュリンプトースト)、白身魚のサラダ、メイン(私はフォー・ガーにしました)、デザート(この日はパンナコッタ)がついてなんと1800円です!お得ですよね〜。

ちなみにメインはフォー・ガー(蒸し鶏のフォー)、トム・ヤム・クンのフォー、フォー・ボー(牛肉のフォー)、ナシゴレン、ムー・ガパオ(ひき肉のバジル炒めごはん)、グリーン・カレー、ミーゴレン(インドネシア風焼きそば)、パッタイ(タイ風焼きそば)、焼きビーフンの9種類からチョイスできるんですよ。

シンハービールを2本頼んだら結局倍くらいになっちゃいましたけど(笑)、でも普通に2皿オーダーするより全然安いので大満足でした。もちろん味もおいしかったです。


にほんブログ村 料理ブログへ

↑ランキング参加してます。1日1回ポチポチッとワンクリックずつお願いします☆
クリックしていただくと励みになります。

2010/11/04 12:35 | Comments(2) | TrackBack(0) | 外食(東京)
China Roomで送別会

友人が御主人の仕事の関係でバーレーンに引越すというので、土曜日に学生時代の友人たちと集まって送別会を開きました。
みんなで集まる時はいつもグルメな彼女に頼りっぱなしだったのですが、今回は珍しく私が幹事を務め、グランドハイアット東京のChina Roomの個室を予約しました。
個室なので気兼ねなく話ができ、とてもリラックスした雰囲気の中で食事を楽しむことができました。






お食事はこの時期のオススメディナーコースである上海”招福”コースにしました。
ふかひれをふんだんに使ったお料理はひとつひとつとても丁寧に作られていて、目にも美しいお料理はそれだけで贅沢な気分になれます。当然のことながらどれも美味しく、特に今子育て真っ最中の人たちが多かったので「子供と離れてこんな風に友達と美味しいお料理をいただくなんて久しぶり!」と喜んでいました。
マネージャーのOさんはじめ、お店の方にはいつもよくしていただいて感謝しております。今回もとても素敵な時間をすごすことができました。サービスもたくさんしていただいて本当にありがとうございました。


実は彼女の送別会はこれで2度目(前回の送別会のもようはコチラ)。
というのも、バーレーンという土地柄なのか会社の指示がアバウトらしく、延期延期を繰り返している内に彼女が妊娠し、出産を待って、その出産からももう半年がすぎていますが、ようやくこの12月に出発の予定となりました。
ところがふたを開けてみれば、行き先はロンドンに変更になり、出発も4月くらいとのこと。まさかとは思いましたが、これには私達もびっくり!バーレーンで使うための炊飯器もすでにプレゼントしていたのですから。
でもロンドンならなんとなく知っている都市だし、なんとなく会えそうな気がするとみんな安心しました。

結局出発はまだ先なので、もう一度送別会を開くことになりそうです。
「行く行く詐欺」と呼ばれるようになった彼女。次は本当に行くのでしょうか(笑)?

にほんブログ村 料理ブログへ

↑ランキング参加してます。1日1回ポチポチッとワンクリックずつお願いします☆
クリックしていただくと励みになります。

2010/11/02 13:00 | Comments(3) | TrackBack(0) | 外食(東京)
クアアイナのアボカドバーガー
日曜日のランチは丸ビルで。
今回は私の他にもう1人新潟から来ている友人がいて、丸の内でショッピングをする約束をしていたのです。彼女はブランチが遅かったということで、彼女に会う前にランチをすませなければなりません。ぐるぐるまわって迷ったあげくクアアイナに入りました。


クアアイナの本店は私の大好きなハワイオアフ島のハレイワタウンにあります。
私はその本店で一度だけ食べたことがあるのですが、太陽の光と乾いた空気の中でいただくアボカドバーガーはとっても美味しく、いつかまたハレイワで食べたいとずっと思っていました。だから今まであえて日本では食べなかったのですが、この時はなぜだか急に食べたくなったんです。



というわけで、オーダーはもちろんアボカドバーガーセットです。
ハンバーガーで1280円って高いな〜と思いますが、このハンバーガーは別。
しっかりしたお肉、カリッと焼き上がったバンズ、これだけでもかなりおいしいのですが、アボカドとの相性も抜群なんです。



かじりかけで失礼。
2つに分かれたバーガーをひとつにまとめ、ぎゅーっと潰していただきます♪
普通のハンバーガーよりもかなり大きめなので口の小さい私は食べるのに一苦労です。
でもこういうのはがぶりと大胆に食べるのがおいしいですね。


前日たくさん食べたり飲んだりしたのもあって、全部は食べられませんでした。
久しぶりのクアアイナのバーガー、とってもおいしかったのですが、やっぱりこれはハワイのまぶしい太陽の下、カラッと乾いた空気の中で食べたいな〜と思いました。
あーハワイ行きたい!!!(笑)


にほんブログ村 料理ブログへ

↑ランキング参加してます。1日1回ポチポチッとワンクリックずつお願いします☆
クリックしていただくと励みになります。


2009/06/02 15:59 | Comments(2) | TrackBack(0) | 外食(東京)
クーカーニョ
この週末、東京へ行ってきました。
学生時代の友人が海外へ引越すことになり、友人6人で送別会を開いたのです。
メンバーは私が上京する度に集まってくれる気心知れたいつものメンバー。
話が盛り上がることを想定して今回は個室をとりました。



場所は渋谷セルリアンタワーホテル内のフレンチレストラン「クーカーニョ」。
ミシュランで1つ星をとったお店なんだそうです。
あいにくこの日は曇りだったため、夜景は美しくありませんでしたが、晴れていればキレイな夜景を望めるのだそうです。



食前酒はクランベリージュースを使ったキレイなお酒をいただきました。
メニューはシェフおすすめのコースをオーダー。このお店の代表的なお料理をいただけるとのことです。


アミューズ ブーシュ。
もうすでに内容は忘れましたがお皿が可愛かったのが印象的でした。



飲み物はシャンパンに。



真鯛のタルタル。
色とりどりの野菜をたっぷりのせた真鯛のタルタル。鯛も野菜も丁寧にとても細かくカットされていました。さわやかで夏らしい一品でした。



写真が暗くて申し訳ないのですが、これは私が一番驚いたお料理でした。
小さなりんごのように見えるこの物体は…



なんとフォアグラのムースをポルト酒のジュレで包んだものだったんです。
フォアグラのムースを包むジュレと下にしいてあるフルーツの香りがとてもよくてまさに五感を刺激する一品でした。



7人もいるとワインのボトルも一気にあいてしまいますね。
次は赤ワインにしました。



ブイアベース クーカーニョスタイル。
魚介類の上品なおだしがグッときいていて、さらに具はやわらかく、さすが!です。



和牛フィレ肉のグリエはシンプルに赤ワインソースで。
このお肉がおいしいかった〜。こういうコース料理の中の一品にしてはボリュームがあって、やわらかくて、しっかりしていて。みんな口々に「美味しい」と言っておりました。



第一のデザート。
これ美味しかったな〜。キウイとかマンゴーのようなトロピカルフルーツを使ったゼリーなんですけど、そのゼリーの固さというかやわらかさが絶妙でした。
量が少なめだったのも私には好印象。



こちらはしっかりした第2のデザート。
パイナップルを使ったアイスクリームをメインに色々なものが入っていて複雑な舌触りと味を感じました。おいしかったけど、私はもうデザートは要らないって状態でした。



最後のコーヒーに焼き菓子がついてきましたが、もうギブ。助けて…。
私としてはデザート2つよりもチーズをいただく方がよかったな〜。


オンナが7人も集まれば、話がつきることはなく、近況報告、昔話、仕事のこと、子供のこと、家のこと、次々に話題が出てきます。
残念ながら1人は急な仕事が入り途中で帰ってしまいましたが、レストランを出た後は隣のバーに移り、さらに話に花を咲かせ、日付が変わる頃お開きとなりました。
送別会の主役は新型インフルエンザの影響もあり、海外移住の予定は来年に持ち越しになったそうなので、秋にでもまた送別会第2弾をしようと約束して別れました。


照明が暗かったので写真が全体的に暗くて見づらくなってしまいました。
雰囲気だけでも伝わればと思います。


にほんブログ村 料理ブログへ

↑ランキング参加してます。1日1回ポチポチッとワンクリックずつお願いします☆
クリックしていただくと励みになります。


2009/06/01 15:36 | Comments(1) | TrackBack(0) | 外食(東京)
リストランテヒロ青山本店
東京最後のお食事はフレンチかイタリアンと決めていました。
というのも、新潟ではなかなかおいしいお店があまりないから。
以前行った新丸ビルのイグレックも候補にあがりましたが、せっかくだから行ったことのないお店にしました。



リストランテヒロは東京イタリアンの中でも有名なお店ですよね。
シェフが逮捕されてからどうなっちゃったんだろう?と思っていましたが、イタリア・スペインで修行を積んだ料理長のお料理が魅力的だという情報を得たので行ってみることにしました。



お店は表参道を少し入ったビルの地下にありました。
店内は落ち着いた雰囲気。イタリアンはあまり気取ってないのがいいですよね。
メニューはコースがたしか6500円、8000円、10000円の3種類。
量はほとんど同じで、内容によって値段が違ってくるとのこと。
最も私達の好みに合う8000円のコースに、彼がどうしても食べたいというプレアンティパストを1品追加してもらいました。



まずはスパークリングワインで乾杯☆



これが彼の特別オーダー。
他のコースについていたこの鱈の白子の茶碗蒸しがどうしても食べたいって。
それにしてもここイタリアンでしたよね?



フルーツトマトの冷製カッペリーニ。
甘いフルーツトマトがふんだんに使われていて、カッペリーニが見えませんね。
アンティパストでパスタって珍しいなと思ったら「フルーツトマトをおいしく召し上がっていただきたいのでカッペリーニにしました」とのこと。
これが第1のアンティパストです。



続いて2つめのアンティパスト。
メインの魚料理かと思ってしまいますが、これも前菜なんだそうです。
甘鯛のうろこ焼きと冬野菜のミネストラ。



これ、ものすごくおいしかった!
ウロコがカリカリになっていて食感がいい♪
下のソースは里芋となばなが使われていて、これがおいしいんです。
里芋をこんな風に使うって考えたことなかったので目からウロコでした。



お酒は赤ワインに。



そして第3のアンティパスト、ポルチーニ茸のリゾットカプチーノ仕立て。
これが食べたくてこのコースにしたようなものかも。
そういえばうちにあるポルチーニ、最近使ってないなぁ。



赤いかと小松菜からすみのスパゲッティーニ。これも食べたかった。



メインは2種類から選択できますが、私はイベリコ豚のローストにしました。
添えられているのはちぢみほうれん草。最近スーパーでもよくみかけますよね。
彼のメインは鴨肉のロースト。写真とってませんでした。



デザートの前にチーズはいかがですか?と勧められ、2種類をオーダー。
手前のひらひらしたチーズはテッドドモアンヌと言って「お坊さんの頭」という意味だそうです。専用のスライサーでうすく削ってあります。
向こう側はゴルゴンゾーラ、栗の蜂蜜といちじくが添えられてきました。



時間に余裕を持ってきたはずだったのですが、この時点でタイムリミットが近づいてきてしまいました。
時間がないことを告げるとデザートはすぐ出せるものを用意しましょうということ。
デザートを待つ間、一番右の沖縄の黒糖を舐めながらお待ちください、と。
これ全部お砂糖ですよ、すごい数ですね。



私はロールケーキとキャラメルのジェラート。
見た目に華やかさはありませんが、どちらもとってもおいしかったです。
できればもっと時間をかけてゆっくり楽しみたかったなぁ。



彼はティラミス。
かなり大きかったのでびっくりしましたが、濃厚なティラミスではなく、ふわふわの泡が主体の軽いティラミスでした。



最後にチョコレートまで出てきましたが、タイムアップ!
急いでタクシーに乗り込み、東京駅へ。
最終の新幹線に乗り込んで30秒後、発車しました。まさに危機一髪!
それにしても今回は最後の1分まで東京を楽しめて大満足でした♪



にほんブログ村 料理ブログへ

↑ランキング参加してます。1日1回ポチポチッとワンクリックずつお願いします☆
クリックしていただくと励みになります。



2009/01/19 16:51 | Comments(3) | TrackBack(0) | 外食(東京)
チャイナルーム
ブルーノートでジャズを楽しんだ後はお待ちかねのディナーです。
今回はあっさりお店が決まりました。
グランドハイアット東京のチャイナルームです。
私は以前1人でランチに行ったことがありますが、彼は初めて。(前回の記事はコチラ
実は前日の夜、彼が友達と行ったお店で偶然ここのマネージャーと知り合い、せっかくそのホテルに泊まっているのだから、とブルーノートに出かける前に予約をしておいたのです。



お店に行くと早速マネージャーがお出迎えしてくれました。
今回は奥のテーブル席へ。ドアを閉めれば個室になる半個室タイプの落ち着いた席でした。



テーブルに着くとすでにシャンパングラスが用意されています。
実は彼らが出会ったお店の女将さんからシャンパンが届いていたのです!
予約の際にそのことを聞いていたので、ブルーノートではシャンパンを飲まなかったというわけでした。
彼はただ友達に連れて行かれてそのお店に行っただけなのに。
出会いってどこに転がっているかわかりませんよね〜。


アラカルトもメニューがたくさんありましたが、2人なのでコースにしました。
コースは4種類、その中で一番私達の好みにあったシェフのおすすめコースにしました。



前菜盛り合わせ。焼き物3点と中華クラゲ。このお皿素敵☆



ピチピチと跳ねる活えびが入った容器を持ってマネージャーが登場。
そこへ紹興酒を注ぐと、えびが酔っぱらってますます跳ねます。
それをお料理したのがコチラ↓


活き才巻き海老の湯引き・紹興酒の香り。
いちいちおしゃれな盛りつけですよね。もちろんおいしかったです。



これはすごかった!通称女スープ「楊貴妃」おいしい〜♪
真珠パウダー、ふかひれ、ツバメの巣、あわびが入っていて、コラーゲンたっぷりの濃厚スープです。
薬膳入りの男スープもあって選べるようになっています。
どちらもこのお店の人気メニューだとか。



続きまして佐賀牛サーロインととフォアグラの中華風ステーキ。
お肉がやわらかく、黒こしょうが効いています。



天然ハタの葱生姜香り蒸し。
これはあんまり印象に残らなかったなぁ。



ここでようやくシャンパンがなくなり、彼は紹興酒、私は白ワインへスイッチ。



本日の野菜料理はジャスミン茶蒸し・グリーンペッパーソース添えです。
なるほどね〜。こういう調理方法もあったか!と感心。
ただ蒸すよりもジャスミン茶の香りがいいですね〜。グリーンペッパーソースで味もしまります。



活き伊勢エビの蟹肉あんかけ煮込みイーフー麺。
最後までゴージャスなラインナップです。


えびが大きい!
もう麺なんて入らないよ〜と思いましたが、このイーフーメン、蟹肉あんかけがやさしい味でとーってもおいしかった。



なんと!デザートは4種類盛り合わせ。
左からマンゴープリン、フルーツ、ごま団子、杏仁アイス。
どれも全部おいしかったけど、私は杏仁アイスが気に入りました。



え?!まだあるの?!
直径15-20cmくらいの大きなおまんじゅうが運ばれてきました。
お祝い事などでいただくおめでたいおまんじゅうなんだとか。
これはチャイナルームからのサービスだそうです。
でも、もうおなかいっぱいですけど…


するとお店の方がおもむろにおまんじゅうを割り始めました。
中から出てきたのは小さな小さな桃まんじゅう。
この中の小さな桃まんじゅうをいただくのだそうです。それを聞いてほっとしました(笑)


食事の途中、マネージャーは何度か来てくれて、色々お話をしました。
丁寧な言葉遣いやスマートな対応はそのままに、でも温かみを感じるサービス。
これは彼と知り合いになったからだけではなく、私が前回もこのお店で感じたことでした。
さらに前日の夜一緒に飲んだということで、マネージャーの方も親近感をもってくれたのでしょう。色々楽しいお話を聞かせてもらえました。


おいしくそして楽しい時間を終え、そのまま外へ飲みにいく予定でしたが、あまりにも満腹感が激しかったため、少しお部屋で休むことにしました。
それが運のツキ。お酒を飲んで満腹になって横になったら寝ちゃいますよね。
結局この夜はこれでおしまい。彼はバーで夜景を楽しみたいとに言っていたのに。
次は必ずいこうね☆


にほんブログ村 料理ブログへ

↑ランキング参加してます。1日1回ポチポチッとワンクリックずつお願いします☆
クリックしていただくと励みになります。



2009/01/16 16:00 | Comments(2) | TrackBack(0) | 外食(東京)
六緑
忘れないうちに週末のおでかけのお話を。
金曜日が新年会だった私を置いて、彼は一足先に東京へ行きました。
その日は東京にいる友達と飲みに行き、いい出会いがあったとのこと。
私は土曜日の朝、1人新幹線に乗り込み、彼の待つホテルへ向かいました。
ホテルはいつものグランドハイアット東京です。


午後からスパの予約を入れていたのでお昼はホテル内で。
前から行ってみたかったお寿司の「六緑」。



開店と同時に行ったらお客さんは私達だけでした。
カウンターには丁寧に下ごしらえされたネタがケースに並んでいます。



最近こういうテーブルセッティングに興味があって。こういう和のものって凝り出したら切りがないのはよくわかっているのですが、素敵なものをみると「うちにも欲しいわ〜」などと考えてしまいますよね。このトレイいいですよね。



まずはビールをいただきます。
お休みの日の昼に飲むビールっておいしいですよね〜。

メニューにはコース数種類がありました。もちろんお好みでお願いすることも可能ですが、お寿司はいつもお好みでお願いするのでたまには決まったものを食べるのもいいかな、とコースをお願いしました。



小鉢は白菜としらすのお浸し。


続いて聖護院大根とまぐろのつみれの煮物。
まぐろのつみれ、やわらかくておいしかった〜。
少しとろみのかかったお出汁がいいですね。



それでは握りへ参ります。
やりいか。


さよりの昆布〆。


あわび。やわらかいところでした。


白身はかんぱち。


これまた珍しい、金目鯛の漬け。


車海老。立派です。


まぐろ3種。
右から漬け、大トロ、炙り。
漬けには柚子こしょう、炙りには大根おろしがのせてありました。


ここでお椀登場。赤出しでした。


軍艦2種。いくらとうに。


卵はしっとりとしたタイプのものでした。


最後は芽ねぎ。細かいかつおぶしの香りがよかった。


お寿司は江戸前でした。
ひとつひとつ仕事がしてあって、お醤油をつける必要もなかったので食べやすかったです。
コースの握りはここで終了。コースだとバランスよくいただけますね。
これで十分おなかはいっぱいになったのですが…


江戸前ならやっぱり穴子を食べないとね。追加でまずは穴子を。
「タレで?塩で?」そう聞かれ、塩は食べたことないから塩にしてみようかな、と言ったら半分ずつ作ってくれました。
左がタレ、右が塩です。塩はタレに比べて香ばしさが強く、大人のお寿司という印象でした。白焼きみたいなものですものね。


赤貝は肉厚でしっかりしてました。



最後はデザート、いちごとオレンジでさっぱり。
あーおなかいっぱい。満足しました〜♪
それにしてもこのお皿とお盆も素敵☆


にほんブログ村 料理ブログへ

↑ランキング参加してます。1日1回ポチポチッとワンクリックずつお願いします☆
クリックしていただくと励みになります。



2009/01/14 17:24 | Comments(5) | TrackBack(0) | 外食(東京)
essenza
今朝、なんと雪が降りました!
例年11月の雪は積もらないタイプのチラチラした雪が少し降るだけ。
ところが今朝は積もっていました。
私の住む長岡は積もっていませんでしたが、職場に向かうにつれ道端の雪が増え、最終的に職場のある街が一番積もっていました。
まだ11月ですから当然タイヤは替えていません。
昨日彼も帰ってきましたが、彼はまだスポーツタイプの車に乗っていて帰りが心配です。


さて、話は変わって。
横浜からの帰り道、東京駅で途中下車して丸ビルに寄りました。
ブラブラとショッピングを楽しんだ後、食事をして帰ることに。

今回選んだのはパスタメインのお店essenza(エッセンツァ)です。
あの有名店アロマフレスカの原田シェフプロデュースのお店で、丸ビル開業当時はかなりの人気店でした。
今回は日曜の夜だったのもあってかそれほど混雑していないようだし、一度食べてみたいと思っていたので決定です。



店内は大きなカウンターがメインで両端にテーブル席がひとつずつ。
私は一番右奥の席に座りました。
オープンキッチンで私の席からはカウンターの中も丸見え。
待っている間作っている過程を見るのもまた楽しかったです。



とりあえずスパークリングワインを。
ここのお店はピアット・ウニコといってメインとパスタが一皿になっているものが売りなのだそうですが、それほどお腹もすいていないので私は前菜とパスタをいただくことにしました。



前菜のソフトシェルクラブのフリット。
以前セレンディピティさんがソフトシェルクラブのお話を書かれていて食べてみたいな〜と思っていたのですが、とうとう食べることができました!
殻も身もやわらかくて(まだ出来上がってないのでしょうね)おいしい!



続いてはムール貝とズッキーニのスパゲッティ。
これは11月のメニューだそうです。
何やらクセのある香りがするパスタでした。
最初ムール貝かな?と思ったけどそうではなく、おそらくハーブの香りだと思います。見た目チャイブに見えるけど違うハーブなのかな?その香りと味の正体はわからないままでした。



スパークリングワインはあっという間にあいてしまったのでシャルドネを。
ここのグラスワインはとても少量なのであっという間になくなってしまいます。


開店当時の人気ぶりを考えると「?」でしたが、ちゃんとしたパスタを食べさせてくれるお店ではありました。
残念だったのは、コックさんたちはみなにこやかに元気に対応してくれましたが、唯一お料理を作らない人(たぶんこの人が一番上の人なのかな?と思わせるシャツにパンツという格好)の態度が悪かった!
顔は無表情、声も小さく、会計をお願いした時も「ありがとうございます」に全く感情がこもってないのがあからさま。
せっかくのお料理も、彼1人の態度でイメージダウンです。
疲れていたのかもしれないし、具合が悪かったのかもしれませんが、あの態度はないよな〜と思いました。


にほんブログ村 料理ブログへ

↑ランキング参加してます。1日1回ポチポチッとワンクリックずつお願いします☆
クリックしていただくと励みになります。



2008/11/19 15:00 | Comments(6) | TrackBack(0) | 外食(東京)

| HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]