忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/05/30 14:32 |
おうちでクリスマスディナー

25日の朝。「サンタさんが来たみたいだよ」とリボンのかかった箱を渡されました。
私は何も用意していなかったのでとても驚きましたが、彼のその気持ちがすごく嬉しくて1日中幸せな気持ちに。

前日が盛大なクリスマスパーティーだったこともあり、わが家ではクリスマスのイベントは何一つ準備していなかったのですが、サプライズプレゼントのお返しに急遽ディナーを用意しました。


ディナー皿の上にはクリスマス柄のナプキンとメニューを。
急遽だったので手書きですが、心をこめて書きました。


お料理は一応クリスマスカラーを意識して作りました。
前菜はアボカドとサーモンのカルパッチョ。カッテージチーズを雪に見立てて飾りました。
パスタはえびとブロッコリーのオイルパスタです。ぷりっぷりのえびが美味しかった〜。
そして彼の大好物、かきのクリームシチュー。一冬に一度は作ってくれとお願いされるわが家の定番メニューです。
メインはチキンのソテーにしました。今回はフライパンで表面にしっかり焼きめをつけた後220℃のオーブンで10分焼きましたが、皮がパリッしてお肉はとってもジューシーに仕上がりました。これからソテーはこの方法にします。

今年はツリーを飾るのをやめてあまりクリスマスらしい雰囲気もなかったのですが、彼の素敵なサプライズプレゼントのおかげで美味しい夜になりました。

にほんブログ村 料理ブログへ

↑ランキング参加してます。1日1回ポチポチッとワンクリックずつお願いします☆
クリックしていただくと励みになります。
PR

2011/12/27 12:52 | Comments(2) | TrackBack(0) | お料理(リストランテolive)
久しぶりのリストランテolive

お料理が好きな私ですが、1年のうち2、3ヶ月くらいお料理欲が冷める時があります。
それは周期的にやってくるもので、いつやってくるかはわからないのですが、「あぁ今私その周期に入ってるな」という自覚はあります。実はここ最近はずっとその周期に入っていました。

毎日外食では体によくないことはわかっているので、おうちで食べたりもしていましたが、簡単にできる鍋に逃げちゃったりして。それはそれで美味しかったしヘルシーでよかったのだけど、そんな自分がちょっと嫌になったりもするんですよね。

そんな中、時間があるから家で食べようということでお料理を作り始めたところ、すんなりその周期から抜け出すことができました。
久しぶりにリストランテ風なお料理を作ったら、お料理欲が再燃。
これからしばらくはキチンとお料理ができそうな気がしてウキウキしています。
スーパーに行けば春野菜が並び(今年は早くないですか?)お料理するのが楽しみになってきました。




テーブルセッティングはシックに黒で統一。
いただきもののオーガニックワインで乾杯しました。
このワイン、先日のパーティーでmayakoちゃんから差入れでいただいたのですが、すごーく美味しくてびっくりしました。赤もいただいたので飲むのが楽しみです。mayakoちゃん、ごちそうさまでした。


この日のお料理は
前菜:サーモンとアボカドのサラダ
スープ:牡蠣とほうれん草のクリームシチュー
メイン:チキンソテー・トマトソース
パスタ:リングイネ・チーズ&ペッパー トリュフ風味

メインまでの3品で終わりにしようと思っていたのですが、彼が少しパスタも食べたいというので後から少しだけ追加しました。最後にいただくのはこれくらいシンプルなパスタで十分だということがわかりました。


ジャズをかけて、キャンドルをつけて、ワインをいただく…。
毎日じゃあきるけど、たまにはおうちでこんな食事もいいですね。


にほんブログ村 料理ブログへ

↑ランキング参加してます。1日1回ポチポチッとワンクリックずつお願いします☆
クリックしていただくと励みになります。


2011/02/08 13:18 | Comments(2) | TrackBack(0) | お料理(リストランテolive)
久しぶりのリストランテolive

昨日ご紹介したスズキのハーブソテーの日は、久しぶりにリストランテoliveを開店しました。
この日はコース料理仕立てに1品ずつ出すスタイルに。
友人からいただいたアルザスワインがあったので、珍しく白ワインで乾杯♪

前菜はカプレーゼです。トマトは熟してなかったので、はちみつ、にんにくのみじんぎり、ワインビネガーで下味をつけておきました。これは落合務さんのレシピに書いてあったものです。下味をつけたトマト、モッツァレラチーズ、バジルを並べて、最後に塩こしょう、オリーブオイルをかけていただきます。



テーブルの中央にはチーズと生ハムを。チーズは北海道のお土産、生ハムもいただきものなんです。ワイン、チーズ、生ハム、スズキといただきものばかりですが、全部別の方からいただいたものなんですよ。ありがたいことです。



続いてはブラウンマッシュルームのスープ。今回は生クリームではなく、牛乳を使ってちょっとあっさりめに。それでもマッシュルームの香りがしっかり効いていておいしくいただきました。秋はきのこの季節ですね。



からすみと水菜のパスタ。
これも落合務さんのレシピから。最後にバターを入れるのがポイントかも。



そしてメインはスズキのハーブソテーです。


今回はチーズを入れて5品で終了。本当のコース料理ならここでドルチェ、コーヒーと続くのでしょうが、基本スイーツを食べない私達のディナーはこれで終わりです。
1品ずつ出すスタイルは、食事の途中席をはずす時間が多くなってしまいがちですが、この日は前菜とスープはあらかじめ作っておき、パスタはお湯を沸かした状態に、スズキは後は焼くだけの状態にしてから食事を始めました。パスタを作る時とスズキをソテーする時だけ少しずつ席をはずしたものの、わりとゆっくり食事を楽しむことができたし、彼を待たせる時間も短かったと思います。


←私が使った落合務さんのレシピはこちらです。
落合務シェフのイタリアン
出版社: 世界文化社
ページ数: 176p
発行年月: 2005年10月
本体価格 1,500円 (税込 1,575 円) 送料無料


にほんブログ村 料理ブログへ

↑ランキング参加してます。1日1回ポチポチッとワンクリックずつお願いします☆
クリックしていただくと励みになります。


2009/09/25 14:19 | Comments(1) | TrackBack(0) | お料理(リストランテolive)
デートの続きはおうちディナーで

先週の火曜日、時間がとれたので久しぶりに映画を観に行きました。
観たのは「バーン・アフター・リーディング」。
ジョージ・クルーニーやブラッド・ピットが出演するコメディ映画です。
ずっと笑いっぱなしのコメディではないのですが、時々笑える程度にストーリーは展開していきます。
1枚のCD-Rをきっかけに複雑に絡み合う5人。それがある出来事をきっかけにスピード感を増してとんでもない結末へと向かっていきます。
こういう映画はあまり観ないのですが、これはおもしろかったです。かなり笑えました。


さて、映画が終わったのが夜の9時半。
こういう日はこのまま飲みにいくことが多いのですが、この日はちょっと趣向を変えておうちディナーにしました。
といっても、この時間から作ったのではなく、あらかじめ準備をしていたのです。



前菜は長ねぎのマリネ。
本来はポロネギで作るものを長ねぎにアレンジしたもの。
この本にレシピが載ってました。

←コチラから買えます。送料無料。
何度でもつくりたくなるほめられレシピ
著者:馬場香織
出版社: 角川・エス・エス・コミュニケーションズ
ページ数: 81p
発行年月: 2008年12月
本体価格 1,143円 (税込 1,200 円)

作り方はとっても簡単。
前日に作って冷蔵庫で冷しておいたので、帰ってから盛りつけるだけでした。
上に飾ってあるのはチャービルです。



帆立貝のカルパッチョ・サラダ仕立て。
お刺身用の帆立を薄切りにして、塩こしょう、ワインビネガーをかけ、冷蔵庫に冷した状態にして映画館へ行きました。
帰ってからはミニトマトの角切りとチャービルの葉を帆立の上に、ベビーリーフを帆立のまわりにかざって、オリーブオイルをかけただけ。これなら帰ってからの作業も苦になりません。



マッシュルームのスープも前日作って冷蔵庫で保存しておきました。
温めて盛るだけなんです〜。
今回はマグカップを使って、イタリアンパセリを飾りました。
キッチンのハーブが大活躍☆です。



ワインに合わせてチーズとドライフルーツを少し。


ここまで用意して乾杯しました。
といっても大した時間はかかっていません。
これならおうちディナーも億劫にならずに楽しめます♪



生ハムときのこのトマトソース・スパゲッティ。
乾杯して少し落ち着いたところで、パスタをゆでました。
パスタのソースは帰ってきてから他のものと平行して作ってしまっておいたので、乾杯してからはパスタを茹でてソースを絡めるだけでした。
オリーブオイルでにんにくと赤唐辛子を炒め、しいたけ、しめじ、まいたけ、えのきを加えて火が通ったらホールトマトを潰しながら加えます。黒オリーブ、塩こしょうで味つけして茹でたてパスタと絡めたらお皿に盛りつけ。最後に生ハムを飾ってできあがり♪



我が家は窓際にダイニングをセットしてあるので、食事をしながら外の景色を眺めることができます。
落ち着いた音楽をかけ、夜景を見ながら、デート気分でおうちディナーを楽しみました。
おうちディナーもあらかじめ準備しておくと驚くほど簡単にできてしまいますね。
こういうのもたまにはいいかも♪


にほんブログ村 料理ブログへ

↑ランキング参加してます。1日1回ポチポチッとワンクリックずつお願いします☆
クリックしていただくと励みになります。


2009/05/25 10:47 | Comments(2) | TrackBack(0) | お料理(リストランテolive)
ガールズナイトはカヴァで乾杯☆

金曜の夜、前の職場の同僚が2人我が家に遊びに来てくれました。
私は水曜日から風邪を引いていて体調がよくなかったのですが、2人が遊びにきてくれたら風邪もどこへやら、調子が上がってきました。
お料理はパスタのリクエストがあったので、お料理は「洋」を中心にして、カヴァで乾杯しました☆



一皿目は前菜プレート。写真が暗くてすみません。
右上から時計回りに、アスパラのねぎ油がけ、ミニトマトのマリネ、ブロッコリーのアーリオオリーオ、ゴーヤチャンプルーです。
前々日にねぎ油をつくったので、シンプルにお野菜にかけていただいてみました。
ねぎ油についてはまた後日詳しく書きますね。
ゴーヤチャンプルーは前日作って残しておいたもの。おいしくできたので少しだけ盛りました。



女子に人気のアボカドを使って、えびとアボカドのサラダ。
ゆでたむきえび、アボカド、細かく切ったセロリの葉、レモン汁、白ワイン、塩こしょう、マヨネーズ(少量)を混ぜ合わせただけの簡単サラダです。
セロリの葉が入ることで香りがよくなり、またレモン汁を多めに使い、マヨネーズはほんの少ししか使わないことでさっぱり感をだせます(マヨを入れないとかなりさっぱりします)。アボカドは形が崩れる程度に潰すと全体のからみが良くなりますよ。



ニース風サラダ。
ゆで空豆、ゆで卵、生ハム、ミックスリーフ、黒オリーブをオリーブオイル、アンチョビのみじんぎり、塩、こしょう、レモン汁で和えました。
アンチョビの塩気と香りがおいしい、大好きなサラダです。ゆで卵が入ることで色も鮮やかになります。


この日は私も仕事があったので、彼女たちが到着する30分前くらいからお料理を始めました。当然お待たせすることになるのですが、「とりあえず飲む?」とまずはビールを飲み、その後お料理がここまでできた段階でカヴァをあけたのでした。


しばらくはお互いの近況報告や、前の職場の話を中心に盛り上がり、お腹もすいていたのでお酒も食事もすすみました。
少し落ち着いたところで私は再びお料理にとりかかりました。



パスタをリクエストされた時からこれにしようと決めていた我が家の定番カルボナーラです。これだけは失敗がないレパートリーだったのに、あろうことか、この日に限って失敗!理由はわかりませんが卵が固まってしまったんです。いつものとろ〜っとしたカルボナーラにはなりませんでしたが、友人たちは「おいしいよ」と食べてくれました。優しいなぁ…ありがとうね。
確かに味はまずくはないのですが、私としては不本意。
こんなことならトマトソースにすればよかったと思いましたが、それは後の祭り。
次回は必ずやリベンジしたいと思います。



メインはオーブンにおまかせ料理にしました。
鶏のスペアリブ(手羽中)をオリーブオイル、にんにく、ローズマリー、タイム、塩こしょうでマリネして、レンジでチンした新じゃがいもと一緒にオーブンで焼きました。


さすがに女子3人なのでもうおなかはいっぱい。
それでもビールは止まりません(笑)。
おかきをつまみにビールを飲み、尽きることのない話をし、さらに2人がおみやげで持ってきてくれたお菓子をいただき、そしてまたビールを飲む…。
ここまで来るとさすがの私も風邪が戻ってきてしまい、眠くなってきました。
2人はまだまだいけそうだったのに、私のことを気遣ってくれて後片付けまでしてくれて、1時頃解散になりました。
あー、体調さえよければもっと飲めたのに!!残念です。


にほんブログ村 料理ブログへ

↑ランキング参加してます。1日1回ポチポチッとワンクリックずつお願いします☆
クリックしていただくと励みになります。



2009/05/18 11:40 | Comments(3) | TrackBack(0) | お料理(リストランテolive)
節分の日のワインディナー

節分の日はポタージュを作ることになっていたので、ワインをあけて久しぶりにリストランテolive開店♪
でもそんな日に限って仕事が終わるのが遅くなってしまって、作り始めたのは8時過ぎ。
しかも作り慣れていないポタージュがあったので手際よくもいかず、全部作るまでは待てなかったのでこの段階で乾杯しました。
ワインはいただきもののキャンティクラシコ2000年ものです。
最初はシブいかなと思いましたが、グラスを回して空気を含ませると驚くほどまろやかな味に変わりました。



冷たい前菜は蛸のカルパッチョ・サラダ仕立て。
お刺身用の活きのいいたこがあったので買ってみましたが、思ったより切りづらくて手こずりました。
薄切りにしたたこをお皿にならべて、塩こしょう、オリーブオイルをかけて手でおさえ味をなじませて冷蔵庫で冷します。
ミニトマトのタネを抜いて5mm角の角切りにしたものをふりかけて、ベビーリーフをのせ、オリーブオイルとバルサミコ酢をかけたらできあがり♪



温かい前菜はブロッコリーのアンチョビ風味。
白ワインを入れる時にドバッと入りすぎてしまって、想像と違う味になってしまいました。がーん。



昨日ご紹介したマッシュルームのポタージュです。



Oisixのにんじんとセロリがあったので野菜スティックにしました。
ディップは味噌マヨネーズです。
にんじんもセロリも本当に甘い!
生でいただくとそのおいしさがダイレクトに伝わりますね。



お腹がおちついたところで、牡蠣の香草バター焼き。
牡蠣は片栗粉をつけて洗い、塩こしょうで下味をつけたあと、小麦粉とパセリのみじん切りをまぶしたものをつけてバターで焼きました。白ワインを少しふって蒸し焼きにしてふっくら仕上げました。
もうちょっとパンチのある味にしてもよかったかな〜。



これも彼のリクエスト、つなぎなしのハンバーグです。
たまねぎのみじんぎりと牛挽肉のみのシンプルなハンバーグ。
赤ワインにはピッタリなのですが、今回はちょっと焼きすぎてしまって固くなってしまいました。うーん、残念!



最後にカルボナーラを食べてごちそうさまでした。
コースとして考えると、パスタは牡蠣の前に食べるべきなんでしょうけど、牡蠣と牛肉はどうしても使ってしまいたかったので、もしおなかがいっぱいならカルボナーラは作らないという予定で最後にしました。結局食べるんですけどね、ははは。


さらにデザートとしてロールちゃんの恵方巻きを食べてもう満腹。
この後DVDを見始めましたが、満腹とワインのおかげで私は寝てしまいました。
時々彼に起こされながら3回見直しましたが、結局私が寝るのでこの夜は上映中止。
今週末眠くない時に観ようと思っています。


にほんブログ村 料理ブログへ

↑ランキング参加してます。1日1回ポチポチッとワンクリックずつお願いします☆
クリックしていただくと励みになります。


2009/02/06 12:50 | Comments(5) | TrackBack(0) | お料理(リストランテolive)
舌平目のムニエル

これは1週間前のお話。
週に1度彼が帰ってくる日はちょっとはりきってお料理を作ります。
この日は彼のリクエスト「ワインにあう料理」というテーマでちょっとおしゃれにリストランテolive開店となりました。



サーモンとアボカドのタルタル・チコリにのせて。
サーモンとアボカドはあえて一緒にせず、お口の中で一緒になってもらうことにしました。
その方が見た目がキレイだからです。
どちらも小さく切って、アボカドは塩、レモン汁、マヨネーズで和えます。
チコリにアボカド、サーモン、チャイブをのせてできあがり♪
Oisixで買ったチコリ、かなり大きめのもので一口サイズというわけにはいきませんでしたが、いつも食べているタルタルもチコリにのせていただくと雰囲気が変わっていいですよね。



ルッコラとマッシュルームのサラダ。
どちらもOisixで購入したもの。ルッコラは食べやすい大きさに切って、うすぎりにしたホワイトマッシュルームと一緒にオリーブオイル、塩こしょう、白ワインビネガーで和えました。お皿には自家栽培のミニトマトを添えました。
ルッコラの香りがいい〜。香りの強い野菜大好きです☆



ラタトゥイユ。
定番の野菜料理ですね。今回はなす、ズッキーニ、パプリカ、ピーマン、たまねぎ、グリーンオリーブ、ケッパー、ホールトマト、にんにくを使いました。
野菜を切ったらあとはル・クルーゼにおまかせです。前日のうちに作っておきました。



ズッキーニのチーズピカタ。
これも以前Kappapoohさんから教えていただいたレシピです。
バジルの葉とチーズを加えた卵液をつけたズッキーニをフライパンで焼くだけ。
簡単なのにおいしくて、おつまみにもいいんですよね〜。


上の3品は冷たいお料理なので、ズッキーニを焼いたらワインをあけてゆっくり食事を始めました。
残り少なくなってきたところで次のお料理を始めます。



舌平目のムニエル。
最近スーパーで舌平目をよくみかけます。どうやら地元で獲れるらしいのです。
1匹300円弱なので買ってみることにしました。
舌平目と言ったらムニエルしか思いつかない発想力の乏しい私。
レシピ:
1)塩こしょうで下味をつけた舌平目に小麦粉をつけてバターで焼く。
2)フライパンをきれいにして、再びバターを溶かし、塩少々と刻んだイタリアンパセリを加えて舌平目にかけてできあがり♪。
結構大きかった(長かった)ので大きなお皿に盛りつけました。
舌平目のムニエルが家で食べられるとは思いませんでしたね〜。
といっても材料が珍しいだけで、レシピはいたって普通ですけどね。


舌平目を出した時「今日は魚にしたんだ…」とちょっと残念そうな彼。
もちろん舌平目はそれはそれで喜んでくれたのですが、彼はこの日肉料理を期待していたんです。
実は私もそういうのを作ろうと思っていたのですが、舌平目を発見したらどうしても作りたくなって急遽変更してしまったんです。
で、お肉をリクエストされてもいいように牛挽肉を買ってきておきました。

やっぱりお肉が食べたいというので最後にボロネーゼです。
にんにくとたまねぎ、牛挽肉を使って、挽肉はちょっとかたまりができるくらいにしてお肉感を出しました。飲んでいた赤ワインをたっぷり入れて、ホールトマトで煮込みます。ゆでたてのフェットチーネと和えたらパルミジャーノをすりおろし、イタリアンパセリを飾ってできあがり♪


今回のラタトゥイユのように、彼が不在の夜にお料理を仕込んでおくと楽ですね。
最近はいろんなものを夜な夜な仕込むようになりました。
でもあまり仕込みすぎても食べきれないので仕込みもほどほどにしないといけませんね。



にほんブログ村 料理ブログへ

↑ランキング参加してます。1日1回ポチポチッとワンクリックずつお願いします☆
クリックしていただくと励みになります。


2008/07/16 16:38 | Comments(5) | TrackBack(0) | お料理(リストランテolive)
たまには気取って♪リストランテ☆olive

日曜日で結婚して3ヶ月がたちました。
一昨日の日曜日、そのことにまったく気がつかなかった私達。
せっかくお休みだったのに普通に過ごしてしまいました。
まぁ3ヶ月だから素通りでいいのですが、昨日ふとお祝いしたくなって、ちょっとおしゃれな食卓をイメージして作ってみました。
お祝いだからね、リストランテ☆oliveです。



前菜はえびとアボカドのタルタル。
上の写真に写っていますが、昨日はホワイトデーにもらったシャンパンをあけました。このシャンパンでお祝いしようと初めから決めていたので、それにあうお料理を考えて。
むきえびを茹でて、2〜3つに小さく切って、白ワインとクレイジーソルトで和えたら、細かく切ったアボカドとレモン汁、マヨネーズ少々を加えて和えました。ディルを飾ってできあがり♪



水菜のサラダ・ジンジャードレッシング。
サラダの味付けをどうしようかな〜って考えて、ふと「しょうががいいかも☆」と思いつきました。
ボウルに新生姜をすりおろして、オリーブオイル、レモン汁、みりん、こしょう、醤油を加えて混ぜ合わせたらドレッシングの完成。ここに切ってパリッとさせた水菜とレッドオニオンを混ぜ合わせたら器にもってできあがり♪
う〜ん♪このジンジャードレッシングおいしいです!野菜をもりもり食べられます。
根生姜でなく新生姜でつくったのでそれほどキツくなくてよかったのかもしれません。リピートしたい味になりました〜。



メインディッシュはホタテとアスパラのソテーです。
またまた殻付き帆立が1つ100円で売っていたのですが、なんとこれが半額になっているものがありました。消費期限も翌日だし、これは買いだわ!と4つ購入しました。
前回はまるごと網焼きして居酒屋風に食べましたが、今回はヒモとキモを取って、塩こしょうで下味を付けた後、小麦粉をまぶしてバターでソテー。アスパラはさっと下ゆでしておいて、帆立と一緒にソテーしました。
お皿にのせて、レモンスライスとディルを飾ってできあがり♪
帆立は肉厚でやわらかくて、満足の1品となりました。



いつものジャーマンポテトです。
ちょっとこれだけビールが欲しくなりそうな味ですが、この頃はシャンパンはとっくになくなって赤ワインと一緒にいただきました。



そしてこれが本日の本当のメインです。
ミートソース・リングイネ。
Oisixで初めて買った生パスタを使ってみました。
生パスタってやっぱりおいしいですね〜。
ミートソースはラ・ベットラの落合シェフのレシピを参考に、牛挽肉、たまねぎ、にんじん、セロリのみじん切りを赤ワインとトマトソースで煮込んで作りました。
この日飲んだ赤ワインはこのミートソースを作るためにあけたものです。
落合シェフの本に「料理用のワインではなく、安くても飲んでおいしいワインを使うこと」と書いてあったので。
だからこのミートソースと赤ワインがとぉってもよく合うんです!
パルミジャーノ・レッジャーノをすりおろして。ほんとにおいしかった〜♪


お腹もいっぱいになって、大満足☆
たまには気取ってリストランテoliveもいいでしょ?


にほんブログ村 料理ブログへ

↑ランキング参加してます。1日1回ポチポチッとワンクリックずつお願いします☆



2008/06/03 18:27 | Comments(6) | TrackBack(0) | お料理(リストランテolive)
☆リストランテ・olive☆
「居酒屋olive」のイタリアンバージョンです。

おとといは仕事が終わるのがものすごく遅くて晩ご飯は外食にしたので
昨日はヘルシーに和食を作ろうと考えていました。
帰る前に彼に「今日はごはん作るね」とメールしたら「洋食がいい」という返事。
え?!洋食?!もうメニューまでほとんど考えてたのにぃ。
しかもハンバーグが食べたいというので、急遽予定変更です。
彼も早く帰ってきたので一緒にワインを買いにいきました。
昨日はいつもよりも早い時間だったのになぜか2人ともおなかペコペコ。
「今日は飲みながら(食べながら)作る!」と声高らかに宣言して、まずはワインをあけました。
なかなか飲みやすいボルドーワインです。(ワインはフランスなんです)

焼きピーマン

簡単に作れるもの、ということでまずは焼きパプリカです。
アルミホイルにオリーブオイルをのばして1/8くらいに縦に切ったパプリカ(赤・黄)を並べて塩コショウし、
オリーブオイルをさらにかけてトースターで焼くだけです。ケンタロウさんのレシピです。

アンチョビピザ

「アンチョビ食べたいなー。クラッカーにのせたりしてさ」

・・・なかなか具体的に注文してくれます。
そこで最近得意の春巻きピザです。一口サイズでちょうどいいでしょ?
皮が残り1枚だったので半分に折って、トマトソース、アンチョビペーストをのばして、黒オリーブ、チーズをのせてトースターで焼きました。パプリカを焼いていたので準備してから焼くまで少し時間があったせいなのか、今回はちょっとしっとり感がでました。
もともとおつまみとして作ったのでパリッと感優先だったんですけどね。
サイズも1/4サイズでちょうどいい☆

「おいし〜い。何これ?すごいね!お店?!」彼は大喜びでした。
春巻きピザは一人の時しか作ってなかったので驚いたようです。
かなり気に入ったらしいので、これからは春巻きの皮を常備しようと思います。

えびとブロッコリーのパン粉焼き

トースターで焼いた料理ばかりですが、「えびとブロッコリーのパン粉焼き」です。
冷凍してあったえびとブロッコリーを使って。

レシピ:
①えびは背を開いてわたを出す。ブロッコリーはお湯に通して小さめに切る。
②フライパンにバターを溶かし、えびとブロッコリーを炒め、えびの色が変わったら白ワインをふって塩コショウで味付け。ふたをして蒸らす。
③フライパンにオリーブオイルを熱し、にんにくのみじん切り、たまねぎのあらみじんを炒め、塩コショウ。パン粉も加えて軽く炒める。
④③に②を加えてまぜあわせ、お皿に盛ってトースターで焦げ目がつくまで焼いてできあがり♪

これは簡単でおいしいです!おつまみに最高☆白ワインがあいますね。(私たちは赤でしたが)

サラダ

焼き物は順番にしか作れないのでそのあいまにサラダをだしました。
材料はグリーンカール、新たまねぎ、黒オリーブ。
オリーブオイル、塩コショウ、白ワインビネガーを入れたボウルに野菜をいれて混ぜただけです。

彼は黒オリーブが好きなので、今回は黒オリーブを使いまくってます。
「なんで黒オリーブが入ってるの?おいしー♪」と満足そうです。
いつも作るサラダと味付けはわからないのですが、大好きな黒オリーブがはいっているだけで
すごくおいしく感じたようです。味のアクセントにもなりますよね。
おかげで私のポイントアップ!ありがとう黒オリーブ様♡

新ジャガ揚げ

新ジャガ揚げです。これも彼のリクエスト。ケンタロウさんのレシピから。
レシピは前回と同じですがパセリをふってみました。乾燥パセリなのでちょっとパセリの色が悪かった。

ハンバーグ

メインのハンバーグです。
私はハンバーグに関しては何種類かのレシピがあります。
今回はつなぎなしのステーキっぽいハンバーグを作りました。

レシピ:
①フライパンにバターをとかしてにんにくとたまねぎのみじんぎりを弱火でじっくり炒める。
②ボウルに①と合い挽き肉を入れ、塩コショウ、ナツメグを加えてよく混ぜ合わせて楕円形にまるめる。
③フライパンにサラダ油をひいて、ハンバーグを焼く。両面に焼き目がついたらふたをして蒸し焼きに。
④ハンバーグをとりだしたフライパンに赤ワインを入れ、アルコール分をとばす。
 トマトケチャップ、ウスターソース、少量のおしょうゆを加え混ぜ合わせてソースを作る。
⑤お皿にハンバーグをのせ、ソースをたっぷりかけてできあがり♪

ワインを飲む時はこれがいいんですよね。「お肉っ!」って感じで。
リクエストされたハンバーグですが、どのタイプのハンバーグか聞かずに作っちゃいました。
でもこれが正解だったみたいです。
「うーん、コレだよ、コレ。おいし〜い♪」「コレが食べたかったんだよねぇ」
よかった、よかった。

この時すでにワインが残り少なくなっていました。お肉を食べる時こそワインを飲みたいのに!
飲みやすいワインだったのと作りながらだったからかいつもよりペースが早かったようです。
ワインもなくなったし、この辺でもうやめておく?と聞いてみましたが〆好きの彼です。
やはり炭水化物をほしがります。「ひとり分だけパスタ食べない?」と彼。
・・・ひとり分に決まってます。こんなに食べて一人一皿は無理です・・・。

プッタネスカ

「ペンネ・プッタネスカ(娼婦風ペンネ)」です。
フライパンにオリーブオイル、つぶしにんにく、赤唐辛子を熱して、一番最初に作っておいたトマトソースに黒オリーブ、ケッパーを加えて煮込みます。アルデンテにゆでたペンネにからめて出来上がり♪

黒オリーブは輪切りになってパックに入ってるものを1パック買ってきましたがこれで全部使い切りました。
たまにはショートパスタもおいしいですね。

作ってみたらあらあら7品、コースみたいになっちゃった☆
ということで今回はちょっとバージョンアップの居酒屋oliveになりました♪
あーおいしかった。

にほんブログ村 料理ブログへ


↑ランキング参加してます。おいしそう!と思った方はワンクリックお願いします♪

2007/04/05 15:44 | Comments(4) | TrackBack(0) | お料理(リストランテolive)

| HOME |
忍者ブログ[PR]