忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/08/22 08:42 |
鶏つくね

これもパーティーで作ったメニューの覚え書き。
レシピを書く習慣がないのですが、パーティーの時は量がわかると便利なのでメモです。


<レシピ>
1:鶏もも肉の挽肉、ねぎのみじんぎり、溶き卵、酒、しょうがの絞り汁をボウルに入れ、少し粘り気がでるまでよく混ぜ合わせる。
2:手で丸めて6個ずつパックに入れてラップして冷蔵庫で保存しておく。
3:焼く時は室温に戻してからフライパンにグレープシードオイルを敷き、つくねの形を整えて焼く。両面焼き色をつけたら蓋をして酒をふり、蒸し焼きにする。
4:中まで火が通ったら、酒、みりん、しょうゆを加えてつくねを絡めてできあがり♪



今回は150gくらい入っている小パックを6パック買って、33個できました。
この段階まで準備しておけば、パーティーが始まってから食べる時に焼いて、温かいものを召し上がっていただけます。

卵黄と七味唐辛子をお好みで。子供にも大人にも喜んでいただけるメニューだと思います。
余裕があれば、2つずつ串に刺して焼きとりっぽくしてもいいですね。


にほんブログ村 料理ブログへ

↑ランキング参加してます。1日1回ポチポチッとワンクリックずつお願いします☆
クリックしていただくと励みになります。
PR

2011/02/04 13:41 | Comments(1) | TrackBack(0) | お料理

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

鶏つくねは、お弁当によく作るので
家ではめったに食べないのですが、家でいただく時は
卵黄を添えると本格的になりますね。
私も今度試してみようと思います。

↓ 息子がキムチも餃子も大好きなので、
キムチ餃子、是非今度作ってみたいです!
キムチからしっかり旨味も出て、ぴりりとおいしくなりそうですね。
posted by セレンディピティURLat 2011/02/06 11:26 [ コメントを修正する ]
セレンディピティさま
お弁当に鶏つくね合いますよね!
私も何度か入れたことあります。
焼き鳥屋さんでよく卵黄と一緒に出てくるので真似してみました。
卵黄をつけるだけでなんとなくワンランクアップするような気がします(笑)

↓キムチ餃子、おすすめです。
以前作ったものよりキムチの量を多くしてみたらその方がおいしくなりました。
キムチ自体に複雑な味がついているので、それだけで十分おいしくいただけます。
普通の餃子と2種類焼いても楽しいかもしれませんね。
2011/02/07 11:03

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<とろとろチャーシュー丼 | HOME | キムチ餃子>>
忍者ブログ[PR]