忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/04/25 02:01 |
鶏胸肉のソテー・バルサミコソース

和食の多いわが家の食卓、なぜか最近イタリアンが続いています。
この日も落合務さんのレシピから1品作りました。
鶏胸肉のソテー・バルサミコソースです。

胸肉は皮を剥いで、身は観音開きにしてあります。
脂身が少ないのとバルサミコの酸味がさっぱり感を出していますが、バターを使っているためコクもある、簡単なのに本格的なソースです。

←こちらから購入できます。送料無料。
落合務シェフのイタリアン
出版社: 世界文化社
ページ数: 176p
発行年月: 2005年10月
本体価格 1,500円 (税込 1,575 円) 送料無料



他にはほうれん草のソテーとカルボナーラを。
ほうれん草のソテーはオリーブオイル、にんにく、赤唐辛子で炒め、塩こしょうのみのシンプルレシピ。カルボナーラはわが家の定番パスタです。


にほんブログ村 料理ブログへ

↑ランキング参加してます。1日1回ポチポチッとワンクリックずつお願いします☆
クリックしていただくと励みになります。
PR

2009/10/28 13:15 | Comments(3) | TrackBack(0) | お料理

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

oliveさんおっはよ~~~~~
イタリアンはやっぱりいいですね~~~
惹かれますよ~~~~
ワインとの相性もいいからね~~~~
バルサミコソースで、お肉のうまみがアップアップですね~~
食べたい!!!

ガパオ、タイ料理店で食べてみまっす!!
でも、うちの近所のタイ料理店にはおいてないみたい!!
ちょっと探して食べに行ってきま~~~す!!
oliveさんアドバイスありがとう\(^o^)/

世界にはまだまだ知らない料理がいっぱいありますね~~
これからも食べるぞ~~~~
応援PP
posted by ベッカズURLat 2009/10/29 08:05 [ コメントを修正する ]
ベッカズさま
イタリアンおいしいですよね。
そうそうイタリアンだとどうしてもワインが飲みたくなっちゃいます。
バルサミコって以前は苦手だったんですけど、最近はドレッシングやソースによく使ってます。
一気にイタリアンの雰囲気がアップしますよね☆
2009/10/29 13:30
落合務さんのレシピではないですが、
私も鶏肉のバルサミコソースは時々作ります。
いつももも肉を使ってしまいますが、胸肉もいいですね。
カロリーも抑えられそうですし、おいしそうです♪
この本ではないのですが、落合シェフのレシピで
気になっているお料理があるんです。
今日あたり作ってみようかな。
野菜のガーリックソテーは、どんな野菜にも合いますし、
シンプルですけどおいしいですよね。
posted by セレンディピティURLat 2009/10/29 10:10 [ コメントを修正する ]
セレンディピティさま
私の持つ落合務さんのレシピ本には鶏もも肉のお料理が載ってなくて、全部胸肉のレシピなんですよ。彼はもも肉が食べたかったみたいなんですけど、胸肉も観音開きにしてこんな風にいただくとかたさもなく、美味しくいただけました。
以前セレンディピティさんもバルサミコソースを紹介されてましたよね。
覚えてますよ〜♪
セレンディピティさんが気になっているという落合さんのレシピ、是非作ってアップしてください。楽しみにしています♪
2009/10/29 13:34
oliveさん  こんにちは(^^)

美味しそう~
今お弁当食べ終わったばかりなのに・・・・^^ グ~
カルボナーラも! いいですね~
素敵な 食卓だわ (^_^*)
フレッシュトマトのパスタも美味しそう。

> コメントありがとう (^v^)
最近は節約で あまり美味しいお米を食べてないので、
新米の美味しかったこと 美味しかったこと^^
思いっきり 食べちゃいましたよ^^;
節約 がんばりま~す (^^)/  ありがとう^^
☆☆
posted by manaURLat 2009/10/29 13:03 [ コメントを修正する ]
manaさま
ありがとうございます♪
こういう食卓はわが家では珍しいんですけど、なぜか続いてしまいました。
最近はもう和食に戻しているんですよ。
新米美味しいですよね〜♪わが家は地元の利を生かして魚沼産コシヒカリを食べています。
2009/10/29 13:35

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<焼うどん・バターしょうゆ味 | HOME | 塩豚とフレッシュトマトのパスタ>>
忍者ブログ[PR]